意外と知らない!?ヘアカラーとヘアマスカラの違い

ヘアカラー

ヘアカラーは永久染毛剤のことです。
約4週間〜2か月はもつのでしっかり白髪をそめたい、めだたなくしたいと願う人に人気があります。
色もいろいろそろっていて明るくしたいと思う人にもおすすめです。
ヘアマニュキュアは半永久染毛剤のことで表面だけそめるものです。
効果は2週間から4週間とあまり長持ちしません。
そのため使用する人もヘアカラーほどには多くないでしょう。
出かけようと思った時に鏡を見て白髪が目立ってしまったときに部分的に使う
人が多いのが特徴です。

 

一般にヘアカラーはしっかりと染めるために時間をかけて染めるものですが、
ヘアマニュキュアは一般のマニュキュアと同じように表面だけにつけるものなので
一部分に使用するのに向いています。
よく男性で全体にヘアマニュキュアをして一度に染めて出かける人がいますが
よっぽど目立つことがないとあまり使用しないのではないかと思います。

 

ヘアカラーの注意点

ヘアカラーは自分の頭皮にあわないとぶつぶつができたり赤くなったりとトラブルが発生することが
多くあります。
そのため使う人がパッチテストという腕の内側に円状に塗って1晩そのままでおいて赤くなったりぶつぶつができたりと
変化がないかどうか試してから使用するのがふつうです。
ヘアカラーのこわい点はぶつぶつができたり赤くなったり1度でもしたら
一生ヘアカラーが使用できなくなってしまうこともあると覚えておきましょう。
なのでパッチテストは重要です。
美容室によっては1回目来店のときはヘアカラーをやりたいと言っても
パッチテストしかしてくれないところもあります。
様子をみて大丈夫そうだったら2回目に行ったときにヘアカラーをやってもらえるところがあります。
最初からヘアカラーをしてくれるところもありますのでよく聞いてどちらの美容室を選ぶかは
自分で決めたほうがいいでしょう。

 

うちでヘアカラーをするときには面倒でもこのパッチテストをすることが重要なのです。
できれば一生ヘアカラーを使用したいものです。
天然成分の白髪染めもありますのでその天然成分の白髪染めはトラブルになってからも
使用することができます。
髪にとても安心なものなので美容相談室などがあれば聞いてみるのもいいでしょう。
あくまで人工の染料がはいっているもののみ注意が必要です。

 

ヘアカラーで皮膚科へ直行するひとも多いものです。
はじめてヘアカラーを使用する時には成分にも注意して読みましょう。
自分にあわないなと思ったらやめておくことが無難です。