妊娠中の白髪染めは気にしませんか?

妊娠中でも白髪が目立って・・という方はいらっしゃいます。
そんな時は白髪染めしたくても躊躇してしまいますよね。
胎児に影響を与えてしまうのではないか、との心配が一番です。
妊娠中に白髪染めをしたとすると、ホルモンバランスの影響などで、かぶれたりする可能性もあるでしょうし、匂いに敏感になってしまってきつく感じたりするかもしれません。また白髪染めの成分は皮膚を通して、毛細血管から体の中に入りますので、少なからず血液中に含まれます。胎児は母体から栄養をもらうのでそこが一番妊婦の気になるところですよね。
実は白髪染めが胎児に悪影響を与えるとしての、科学的根拠はなく、産婦人科の先生にもよるのでしょうが、問題はないとのことなのです。市販の注意書きには、妊娠中の使用は控えるようにとの記載です。
結果としてはさほど影響は考えにくいと思われます。ですが、妊娠中でなくても科学成分の入った白髪染めを長期間で使用する事はすすめられないですよね。妊娠中でなくてもかぶれたりする事や、突然アレルギーがでたりする事も考えられます。
科学的根拠がないにしても、産婦人科の先生が問題ないとしても、やはり胎児を守りたい意識から、妊娠中の白髪染めの使用は控えめに、できるだけしないことが安心ではないでしょうか?

 

どうしても必要なときは

どうしても白髪染めが必要なときは、美容室にいって美容師さんに相談しながらやってみてはいかがですか?
また、化学成分の入っていない天然成分の白髪染めも使用してみるのも良いと思います。
妊娠中の白髪染めの回数は、妊娠前より減ると思います。生え際を隠す携帯のワンタッチ部分用白髪染めも併用すると、無事に出産を迎えられるまで、上手く乗り切れるかもしれませんね!

 

妊娠中の方に安心して使用出来る白髪染めは?

トリートメントタイプの白髪染めは、トリートメントを使うとだんだん白髪の部分が染まっていくタイプで、出ているほとんどの商品が無添加で、成分は天然の植物からつくられているものです。
(利尻ヘアカラートリートメント/ルプルプ/エフキュア/レフィーネ/くろめヘアカラートリートメントなど)
妊娠中はただでさえ色々な事に敏感で、病院でのレントゲンも敏感になりますし、赤ちゃんへの気遣いで母体にもとても気を使います。ストレスを溜め込まないマタニティライフが送れるように無理をしない程度で行いましょう。