白髪になる原因をわかりやすく8つにわけて解説!!

 

白髪の原因はたくさんある!

白髪が生えるのは、メラノサイトとよばれる色素細胞がダメージをうけ、メラニン色素が作られなくなったことによることが原因です。ただその原因には様々な引き起こす原因があるのです。
@遺伝性や年齢によるもの
若白髪や、子どもの白髪は、メラニン色素が髪に送り込まれにくいという体質であると考えられ、その場合の白髪は遺伝性が高いといわれています。また加齢による場合は、過酸化水素の体内への蓄積や成長ホルモンの分泌量の減少の影響が大きいと考えられます。
Aストレスなどによるもの
ストレスによりひきおこされる様々なことの中に、ノルアドレナリンが分泌し血管が萎縮した場合、メラニン色素を作るメラノサイトの機能に影響を与えること事が白髪の原因になります。また睡眠不足によるストレスなども髪の毛の成長の妨げになります。
B紫外線によるもの
紫外線を浴びると、髪の毛や頭皮がダメージを受けることで、色素肝細胞DNAを損傷させてしまうことが白髪の原因を作ることもあります。紫外線から、髪の毛や頭皮を守りましょう。
C過酸化水素の摂取を避ける
@であげた中に過酸化水素の蓄積がありますが、過酸化水素の摂取に注意しましょう。
脱色を目的としてブリーチ剤を使用する場合、ブリーチ剤の中に過酸化水素が含まれていたり、歯のホワイトニング剤の成分に、歯を白くする為に過酸化水素が含まれている場合など、日常的に使用するシャンプー、コンディショナー、ヘアスプレーなどのヘアケア製品の中にも過酸化水素が含まれている場合があります。過酸化水素の摂取には気をつけましょう。
D病気によるもの
様々な病気が原因の白髪もあります。ホルモンの分泌に関係する病気や、栄養不足に関係する病気など様々です。
E喫煙によるもの
喫煙することで、メラノサイトを活性化するビタミン12を破壊したり、過酸化水素を分解するビタミンCを破壊する原因になる為、白髪の原因になります。タバコを吸わない人より4倍以上の白髪の発生率が高いデータもありますので、禁煙のきっかけにしてみてもよいのではないでしょうか。

 

様々な原因がありますね。自分から作り出すものは、できるだけなくしていく努力も必要です。