【都市伝説】白髪は抜かない方がいいってホント!?

 

よく白髪を抜く人、結構周りでみかけますよね。あれって本当はどうなんでしょうね。白髪がたくさんある人は当然抜くわけにはいきませんので、少量の方がぬいているのでしょうか?またぬく事による効果はどうなのでしょうか?

 

白髪をぬくのはNGです!
白髪はストレスによったり、もちろん年齢を重ねる事で誰にでも生えるますが、髪の毛が白髪になるのは、髪の毛の色になるメラニン色素を作り出せなくなる事が原因です。メラノサイトとよばれる働きが弱まる事で、白髪が生えるのです。
その白髪を抜いたら増えるという話はよく耳にすると思いますが、それは科学的には根拠のない話なのはご存知でしたか?更に白髪を抜く行為は、トラブルを引き起こす原因になったりしますので気をつけましょう。

 

どんなトラブル!?

生え始めの白髪を見つけて抜いてしまうと、同じ毛根から2、3本髪の毛が生えていることもあり、白髪の部分だけを抜こうとしても、ほかの毛根を傷つけてしまったり、変形させてしまったりする原因になるのです。毛根が傷ついてしまうと、細く弱い毛が生えてきてしまったり、毛根が変形してしまうことで、うねった毛が生えてしまうなど、健康な髪の毛が生えてこなくなる原因を作ってしまうのです。また、薄毛の原因にもなりかねませんので、抜く行為は避けた方がよいでしょう。

 

どうしても気になる時の対処法

生え始めの白髪は、根元部分できらきらして気になってしまうものですが、部分的に白髪隠しをすることができるスティックタイプがあります。それらを使用しながら白髪を上手に隠してしまいましょう。もしまばらで、長い白髪を見つけたときは抜いてしまわずに、はさみなどで根元から切ったほうがよいでしょう。
白髪でも黒い髪の毛でも、髪の毛であることにかわりありませんでので、自然に抜け落ちる髪の毛以外の髪を、自ら抜く事により増やしたりして薄毛を招くことにならないように、また毛根や頭皮を傷つけてしまうのですから、白髪を抜く行為はぜひ避けましょう。抜いている行為を見かけ、それが身近な人でしたら教えてあげたいですね。無理に抜いたりせずに、毛根や髪の毛に優しい対処を心がけましょう。