アレルギーや皮膚が弱い人は白髪染め選びに注意!?

アレルギーや皮膚が弱い人は?

 

髪染めを経験されてる方、少なからずもかゆみがでたりする事があると思います。今まで問題なくされていた方でも、突然かぶれたりと症状が出る事もありますので注意が必要です。

 

アレルギー症状に注意が必用

髪を染めてから、頭皮の痛み、ぴりぴりやちくちく、かゆみ、かぶれ等、炎症をおこしてくると、アレルギーの症状となるので、今後は髪を染める事に注意が必要です。皮膚科を受診される方では、髪を染める薬剤の成分に含まれる「パラフェニレンジアミン」のアレルギーを指摘されています。

 

パラフェニレンジアミンって何?

全般的なカラーリング剤の中に含まれる科学物質、主に「ジアミン」とよばれる物です。パラフェニレンジアミン等のジアミン系薬剤が、アレルギー反応を引き起こす原因とされているので、アレルギー症状が出るとこのような薬剤に注意しなければなりません。

 

今後は何が使える?

髪を染めて、アレルギー症状が出た方はもちろんの事、日頃から何かと皮膚が弱くて注意されている方は、今後使用出来るのは4種類「非ジアミン系」の物を選びましょう。

 

「非ジアミン系」の物を選ぶ

                          

@ヘアカラートリートメント                          
敏感肌の人に人気の毛染めです。髪によい成分が入っていて、低刺激なので素 手でも触れます。色持ちは1週間程度です。

 

A植物染料のヘナ                               
トリートメント効果が高く、強い染色力をもつ植物染料です。白髪部分や頭皮 がオレンジ色に染まり、匂いが強く数日残ります。色持ちは髪を切らない限りずっと染まった状態です。※天然染料ですが、体調が悪い時はかぶれる事もあります。  

 

Bお歯黒式白髪染め(非酸化染毛剤)                       
白髪染めでかぶれた人でも使用できます。色は黒により近い色です。匂いは強く、色持ちは1ヵ月程度です。髪が傷みやすくなるので、手入れは注意が必要です。   

 

C市販のヘアマニュキュア                           
ドラッグストアーなどで手軽に購入できる為人気です。カラーの種類や、匂いも良く、色持ちは2、3週間程度です。皮膚につくと取れにくいなどがある為使用は注意が必要です。                                    
アレルギーや皮膚が弱い方は、皮膚科や美容室などにも相談しながら、上手に使用していく事が大切です。