市販の白髪染めってすぐ色落ちしそう…白髪染めを長持ちさせるコツ

 

市販の白髪染めにも種類がたくさんありますが、染め方や、白髪染め商品の種類、日頃のシャンプーなどに影響されることがあります。ご存知でしたか?
市販のもので髪の毛の色を抜き、そこに色素を入れて定着させていく通常のやり方だともって1ヵ月程度なんです。美容院にいって染めてもらってもつ期間とほぼ同じです。個人個人白髪の量も異なるところですが、多い場合は根元の白髪が目立ちやすいので気になります。ただし染めた部分の色落ちはほぼはありません。

 

どれだと色落ちしやすいのでしょうか?

上記の色素をいれて定着させる場合以外の方法で、例えば、頭皮に優しく成分も安全なものであれば、白髪染めトリートメントがあるのですが、一回でキレイに染まりにくい為、徐々に徐々に色をつけていきます。ゆっくり染めていくタイプなので、継続して利用されない場合は色落ちしていきているようにみえることがあります。使用方法に気をつける必要があります。

 

使用しているシャンプーの成分にも注意

カラーをしている方にお勧めのシャンプーといった物があるのですがご存知ですか?匂いのいいものや、はやりのノンシリコンタイプなど、シャンプーの種類もたくさんありますが、カラーを長持ちさせるシャンプーもあるんです。
カラーを長持ちさせる為のシャンプー選びは、アミノ酸系洗浄成分のシャンプーを選んでみて下さい。洗浄力の高いシャンプーだとカラーのもちを悪くする要因でもあるので、シャンプー選びも色持ち改善のひとつです。

 

市販のものが必ず色落ちが早いのではなくて、使用方法もきちんと把握してみて、白髪染めを長持ちさせる自分スタイルを見つける事が近道かもしれませんね。白髪染めの種類はどうなのか、使い方は間違ってないか、シャンプーも洗浄力の高いものを使用してないか、などなどです。現在使用されているものを再確認されて下さい。
基本的には一般的に使用する白髪染めの色落ちは、早くないので、トリートメントタイプやヘアマニュキュアタイプのような、髪の毛をコーティングしてくれる髪に優しいタイプの方が色持ちが少し短いようです。