白髪染めの色を長持ちさせるコツ6つ!

 

白髪染めの色を長持ちさせるコツは幾つかあります。
@染める前はきれいに
髪の毛につける整髪料とか、汗をかいたりして汚れたり、脂分などが残っていると染色剤の入りが悪くなってしまうので、キレイに洗髪し、水分もしっかりふきとりましょう。
A用法を守る
市販の白髪染めには必ず用法を説明した物が入っていますよね。それらにはきちんと薬剤塗布後の放置時間が記載されています。その放置時間をきちんと守る事が大事です。放置時間が短いと染色剤が中途半端に入っていたり、長すぎると髪を傷める原因になりますので、注意が必要です。
Bヘアキャップを使う
美容室で白髪染めをする場合、薬剤塗布後には必ずラップを頭にのせてしっかりおさえますね。ラップをする事で頭皮の温度をあげる効果があるからです。頭皮の温度を上げる事で発色が悪くならないように薬剤の反応を促しているのです。
市販の白髪染めにもキャップ付タイプのものがありますが、それがない場合は、100円均一の使い捨ての物でも良いですし、ラップを代用でも良いと思います。
Cシャンプーは気をつける
白髪染めした後は、さっぱり髪を洗いたくなりますが、そこを少し頑張ってお湯などですすいでください。シャンプーは軽めに使用したほうがよいです。シャンプーの成分により異なりますが、洗浄力が高い成分のシャンプーだと染料が流れてしまう事があるので、気をつけましょう。
Dできるだけ白髪染め専用を使用
白髪染めした後、日々の生活でしようするシャンプーやトリートメントに意識すると、白髪専用のシャンプーやトリートメントがあります。白髪専用とゆうよりカラーを長持ちさせる専用ですね。Cで説明したように、洗浄力の高いシャンプーだと染料を落としてしまう事が考えられるので、カラーを長持ちさせる専用に変える事で色持ちを長くする事ができます。毎回使用するのですから、変えてみる事も選択です。
E紫外線には注意を!
髪の毛が紫外線を浴びてしまうと、髪が傷む事もそうですが、髪が傷むと色落ちが加速してしまうので、注意が必要です。頭皮にも優しくできるので、紫外線の強い日には、日傘や帽子で髪の毛を守りましょう。

 

白髪染めを使用することで、髪の毛には少なからずダメージを与えます。白髪の量や生え方に個人差はありますが、1ヵ月もすると、生え際やもみ上げの部分に白髪が生えてくるとどうしても目立ってきて気になります。毎回1ヵ月を目処に白髪染めのサイクルを迎えているとどうしても、2ヶ月サイクルの人よりは傷みます。髪の毛のダメージが色持ちの悪い原因にもなるので、少しでも染めるサイクルが長くなるように、生え際やもみ上げ部分に使用する白髪隠しのアイテムも併用するなどの工夫が必要かもしれませんね。