市販の白髪染めの男用と女性用の違いは!?

 

ドラッグストアーなどでよく見かける白髪染めには、男性用と女性用があります。皆さんは違いがあると思ってそれぞれの性別で購入されていますか?違いはどのよなところにあるのでしょうか?

 

実は男性用と女性用の白髪染め成分には、基本的なところに違いはないのです。違いがあるのは、男性用と女性用の好みにあわせたところにあるようですね。

 

男性の好みに合わせたニーズ

男性は簡単にすばやく染められたらいいと、おしゃれ目的というよりは白髪を隠したいとの心理から、色も黒や茶色系、グレー系といったものを主流に、カラーバリエーションはあまり多く見かけません。女性ほどに髪の毛にこだわっていないことがあります。

 

女性の好みに合わせたニーズ

女性は男性ほどにただ隠すだけでいいという方はなかなかいませんね。女性特有の心理がありますので、男性用より種類が多くあります。匂いが気になるので、良い香りがするものを好みますし、おしゃれにキレイに染めたいので、白髪染めのカラーバリエーションも多いです。髪の傷みも気になるので、トリートメント効果の良いものもたくさんあるのです。

 

それぞれのニーズに応えて男性用、女性用とあるのです。基本的な違いがないのに対して、わけられているのはオプション的要素の違うものであると思っていただいていいのではないでしょうか?
もちろん男性の方も女性用の白髪染めを使用できますので、白髪染めのカラーの種類が気になる方や、髪の毛が長い男性の方で傷みが気になるようでしたら、女性用のトリートメント効果のあるものなどを使用してみるのも良いと思います。時間があるときなどにお試しで使用されるのもいいかもしれません。

 

逆に女性は男性用はあまり使えないようです。使用はできても、白髪染めのカラーの種類はあまりないことに加えて、匂いも刺激臭がきついままでとなると、選ぶ理由がなかなかみつかりません。それに男性用の白髪染めの塗布具のブラシやコームなどは短髪用にあわせた使い勝手になっていますので、やはり女性には不向きかもしれません。
もちろんそれぞれのニーズに応えているものであれば、男性用、女性用問わずお好きな商品を購入されてくださいね。基本的な成分にかわりはありませんので、難しく男性用と女性用の違いに悩む必要もありません。