自分にあう色の選び方

自分に似合うヘアカラーをパーソナルカラーといいます。アプリを使用して色々な髪色にチェンジできるものや、チェックリストを使って見つける事できます。無難に美容師さんに相談するのもありですね。

 

パーソナルカラーって?

パーソナルカラーとは個人個人異なる肌色や、髪色、顔色(唇・頬)、瞳の色と雰囲気があった色の事をいって、似合う色をみつける診断の事をさすのですが、実際はどうのような感じなのでしょうか?
実験で同じ肌色を用意して、その肌色を囲むように濃い緑と、うすい緑を配色すると、同じ肌色でも濃い緑の中にある肌色の方が、キレイにみえます。    実験から、同じ色でもキレイに見えるかは、周りの色に影響されるという訳ですね。
インターネットで「パーソナルカラー」と入力して調べると、診断できるものが幾つかありますので、自分カラーを見つけてみて下さい。

 

アプリを試す!

自分好みのヘアカラーを探すとき、上記の事もそのひとつですが、実際は気分もいっそう明るくしてみたいとか、もう少し大人な雰囲気を出したいから、暗めにトーンダウンしてみたいとか、様々だと思いますが、髪も傷んでしまうし、お試しで色々できないのが残念なところですよね。
そう!そして世の中便利になってきた現在、アプリを使って色を自分にはめていくことができるんです。                         
アプリとしては、ヘアースタイルを疑似体験できるアプリが多いようです。  ヘアカラーはパーソナルカラーから選んで診断してくれるアプリや、自分自身の顔をいれていってヘアカラーを疑似体験できるもがあります。        

 

相談は美容サロンにて 

私はよく美容室の方にお任せしてしまうのですが、美容業界では、「色彩技能パーソナルカラー検定」なるものがあるようです。             
自分の色を見つけてより輝けるお手伝いをしてくれる技術です。身近でみつけるのはまだ難しいかもしれませんが、自分探し、自分の色を見つけてみたい方は、相談してみる事で、自分改革の一歩になるかもしれませんね。